トレーニング

立花龍司 野茂英雄、吉井理人ら超一流プロ野球選手を育てたトレーナー❶

立花龍司は中学時代に野球の日本代表に選ばれ渡米する 高校時代の自身の肩の怪我でプロ入りを断念し、日本で初めてのコンディショニングコーチを目指す 1989年近鉄バファローズに入団する 野茂英雄を始め超一流のプロ野球選手を育てる 1997年ニューヨーク・メッツで日本人初のメジャーリーグの正式コーチとなる
トレーニング

白木仁 プロ野球工藤公康、ゴルファー片山晋呉 、シンクロ日本代表のトレーナー❷

筑波大学大学院人間総合科学研究科スポーツ医学専攻 体育系教授 プロ野球の工藤公康、プロゴルファー片山晋呉などのトップアスリートのフィジカルコーチとしてコンディショニングを行う シンクロナイズドスイミング日本代表チームのトレーナー、日本ゴルフ協会のナショナルチームでオフィシャルトレーナーを務める
サブスリーに挑戦

サブスリーにフォアフット走法を使って50歳でチャレンジする5つの理由 vol.1

人生の後半戦のステップアップのためにIRONMANレース(’19年10月13日)にチャレンジしました 無事に完走を果たし、次に何にチャレンジするかを考えたとき、かねてから興味があったフォアフット走法を習得することを目標としました ランニングにスポットを当てるならサブスリーを達成したいと同時に夢を抱きました
トレーニング

白木仁 プロ野球工藤公康、ゴルファー片山晋呉 、シンクロ日本代表のトレーナー❶

筑波大学大学院人間総合科学研究科スポーツ医学専攻 体育系教授 プロ野球の工藤公康、プロゴルファー片山晋呉などのトップアスリートのフィジカルコーチとしてコンディショニングを行う シンクロナイズドスイミング日本代表チームのトレーナー、日本ゴルフ協会のナショナルチームでオフィシャルトレーナーを務める
天才学

為末大 スプリント種目で日本唯一の世界陸上メダリスト「侍ハードラー」

2001年エドモントン、2005年ヘルシンキ世界選手権で400メートル銅メダルを獲得し、日本人唯一のスプリント種目のメダリストとなる 中学、高校、大学、シニアの各世代で日本チャンピョンを獲得し、日本新記録を塗り替えた 400メートルハードル日本記録保持者
指導者学

井上雅代「日本シンクロ界の母」約30年間の日本代表ヘッドコーチ歴❷

「日本・中国のシンクロ界の母」 日本、中国、イギリスのアーティスティックスイミングの指導者 シンクロ選手としては日本選手権を2度優勝を果たす 中学教諭を経て78年から日本代表ヘッドコーチに就き、27年間ヘッドコーチを任され数々のメダルを獲得する 2015年には再度日本代表ヘッドコーチに就任する
指導者学

井上雅代「日本シンクロ界の母」約30年間の日本代表ヘッドコーチ歴❶

「日本・中国のシンクロ界の母」 日本、中国、イギリスのアーティスティックスイミングの指導者 シンクロ選手としては日本選手権を2度優勝を果たす 中学教諭を経て78年から日本代表ヘッドコーチに就き、27年間ヘッドコーチを任され数々のメダルを獲得する 2015年には再度日本代表ヘッドコーチに就任する
IRONMANレースに挑戦

トライアスロンの鉄人IRONMANレースに挑戦へレース翌々日vol.21

一昨日IRONMANルイビル・ケンタッキー(10月13日)のレースを終え、今日(10月15日)は今回初めてルイビルの街から離れ近場の都市オハイオ州・シンシナティへ向かいます シンシナティと言えばシンシナティーレッズを思い浮かべる方が多いと思われますが、さてどんな街なのか楽しみです
IRONMANレースに挑戦

トライアスロンの鉄人IRONMANレースに挑戦へレース翌日vol.20

昨日、IRONMANルイビル(10月13日)のレースを終えて、本日はIRONMAN Celebration Day BreakfastとAwards Ceremonyが朝9時から行われるため出かけてきました ほぼ毎日同じメニューのホテルの朝食にも飽きたところでもあるので、祝賀朝食は楽しみです
IRONMANレースに挑戦

トライアスロンの鉄人IRONMANレースに挑戦へ決戦当日vol.19

ついに今日IRONMANルイビル・ケンタッキー(10月13日)のレース当日を迎えました 2012年にトライアスロンを始めて夢に描いた7年越しのロングディスタンスのレースです 今年2019年、令和元年5月3日に人生の後半戦へのステップにIRONMANレース出場を決意して、紆余曲折がありながらも、やっとスタートラインに立たせてもらえましたことには感謝するばかりです